掛け軸を高く買取ってもらうためには?

掛け軸一口に掛け軸と言っても掛け軸には様々な種類があり、作家や作られた時代などによってその価格は大きく変わります。
しかし、掛け軸を見ただけでその価値をはかれる人は非常に少なく、多くの方は自分の持っている掛け軸が高価なものなのか、安物なのかの判断も難しいのではないでしょうか。

中には価値のある掛け軸とは知らず処分してしまった、近所のリサイクルショップやフリマアプリで安く売ってしまったなんて話も聞きます。

本当の価値を知るためにも掛け軸を処分、または売却する前に骨董品などの買取を主に行っている業者に査定や買取依頼を行うことをおすすめします。

掛け軸の買取は業者に依頼するのがおすすめ

鑑定士掛け軸など骨董品の買取を専門的に行っている業者には骨董品の知識を持った査定員が在籍しています。
その査定員の中でも掛け軸に詳しい方や茶道具に詳しい方などとそれぞれが得意ジャンルを持っていることが多く、プロの目が適正な価値を見出してくれます。

査定の結果、価値がないと診断されガッカリすることもあるかもしれませんが、まずは業者に見てもらいましょう。

買取方法は業者によって異なりますが、基本的には自宅まで来てくれる出張買取や宅配便で業者に送る宅配買取、お店に行き直接査定してもらう店頭買取があります。

掛け軸の査定ポイント

掛け軸掛け軸の査定額が高くなるポイントとしては、どのようなことが挙げられるかまとめてみましょう。
特に重要なのは、下記の点です。

・掛け軸は「本物」か?
・人気作家の掛け軸であるか?
・保存状態は良好か?
・付属品は揃っているか?

それぞれ詳しく見てみたいと思います。

○掛け軸は「本物」か?
言うまでもないことですが、実際に名のある作家が筆をとって描いた「本物」は高い価値を持ちますが、作家の作品をもとにプリントしただけの「偽物」は査定額が低くなります。
これに関しては、事前にしっかりチェックしておきたいところです。

チェック方法としては、
・目を近づけてよく見る
・鼻を近づけてニオイを確認する
といったことが挙げられます。
偽物のプリント品は凹凸がなく、のっぺりした平面になっているのでよく目を凝らせば見分けがつくと思います。
また、本物は長い年月が経ったことで劣化した紙や顔料のニオイがしますが、プリント品はインクのニオイがするので、比較的簡単に判別できます。

○人気作家の掛け軸であるか?
古い掛け軸であれば無条件に高価買取が実現する……というわけではありません。
やはり、市場価値が高い掛け軸ほど査定額は高くなる傾向にあります。
たとえば、人気が高い作家の手になる掛け軸や、希少性が高い掛け軸は高価買取が期待できます。

○保存状態は良好か?
古い掛け軸には汚れやシミがつきものですが、持ち主の不注意によって汚れたりシミがついたりしている場合は査定額に大きな影響を及ぼす場合があります。
たとえば、
「埃だらけのところに置きっぱなしにしていたので埃まみれになった」
「日の当たるところに置いていたら日焼けして見た目が悪くなった」
「きちんと巻かずに保存していたら折り目がついてしまった」
などのことがあると、せっかく人気作家の品であったとしても査定額が下がる可能性があります。
保存には、くれぐれも注意していただきたいと思います。

○付属品は揃っているか?
骨董品の掛け軸は、掛け軸本体でも高い価値を持ちますが、付属品があることでより査定額が高くなる場合もあります。付属品とは、掛け軸が収められていた共箱や鑑定書などを指します。

また鑑定書があると、取引自体がスムーズに進みます。
鑑定書は、いわば「この掛け軸は由緒正しい骨董品である」という証拠なので、査定時間が短縮されるわけです。
鑑定書がある場合は、一緒に査定に出すことをおすすめします。

掛け軸を高く買取ってもらうためのポイント

ポイントを紹介する女性掛け軸を高く買取ってもらうためのポイントは良い状態を保つことです。

掛け軸は非常にデリケートですので直射日光やエアコンの風が当たる、湿度の高い部屋に飾ることや保存することは厳禁です。

直射日光であれば紫外線が紙を傷付けますし、エアコンの風は温度差により紙質を変え劣化させてしまうおそれがあります。
湿度が高い場所ですと紙が湿気を吸収し、変色やカビを招くことがあります。

そのため、保存場所は先程挙げた条件とは逆となる以下のような場所が良いです。

・直射日光が当たらない
・湿度が低い
・温度差、湿度差が小さい

また、掛け軸を保存する際は桐箱が良いとされています。
その理由についてですが桐には湿気を吸い取り、虫などを防ぐ効果があり掛け軸だけでなく、他の種類の骨董品を保存する際にも使われています。

掛け軸に限らず骨董品全般に言えますが、少しの汚れや状態の劣化がその価値を大きく下げることに繋がってしまいます。
保存やお手入れに関しては慎重に行うようにしましょう。

掛け軸買取のおすすめ業者はこちら

骨董品買取の比較サイト六文堂
骨董品買取の比較サイト六文堂
タイトルとURLをコピーしました