着物を高く買い取ってもらうためには?

日本の伝統的な衣装である「着物」にはさまざまな魅力がありますが、「ずっと着られる」という点もそのひとつです。着物は流行に左右されにくいので、大切に保管すれば次の世代に伝えることができます。
しかし、最近は少子高齢化などの影響で「着物を継承できないため手放したい」と考えている人が増えているのだとか……。
そこで今回は、着物を高く買取ってもらうためのポイントについてまとめてみました。

着物の買取は業者に依頼するのがおすすめ

鑑定士

町のリサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションなどで売ることを検討される方も多いようですが、着物は専門の買取業者に任せることをおすすめします。
理由は、「他の方法では高く売れないから」です。

たとえば、リサイクルショップには専門知識を身に付けた「査定士」が在籍しておらず、物によっては「買取不可」といわれてしまう場合があります。
また、フリマアプリやネットオークションは「値切り」を求められることが多く、安い値段で手放す羽目になってしまうことも……。
一方、専門の買取業者は売り先を多く持っているため、価値に見合った価格をつけてくれます。
さらに自宅に来てもらえる「出張買取」などのサービスが整っているので「早く、楽に、高く」買取ってもらうことができるのです。

着物の査定ポイント

状態

やはり汚れやカビ、虫食いなどがあるものは査定価格に影響します。
古いものであっても使用感が少なく、状態の良いものは高価買取が実現することもあるようです。

【ポイント➀】サイズ

丈の長さも重要な査定ポイントです。
丈が短すぎる着物の場合は着用する人が限られてしまうため、査定価格が下がってしまうのです。

【ポイント➁】種類、色

たとえば着物には訪問着、留袖、小袖、振袖などさまざまな種類がありますが、やはり訪問着や留袖は需要が高い傾向にあります。
そして、万人が着られるような色や柄が高価買取の対象になるといわれています。

【ポイント③】希少価値の有無

人間国宝が手がけた着物や、伝統工芸品の着物は高価買取の対象になります。
その際、「証紙」があるかどうかが重要な査定ポイントになります。
証紙は捨てずに取っておくようにしましょう。

着物を高く買い取ってもらうためのポイント

複数の業者に査定を依頼する

特に人間国宝が手がけた着物など希少価値の高いものは、査定士によって付ける付加価値が異なり、値段が大幅に変化することがあります。
そのため、複数の業者から見積もりをもらう「相見積もり」をしてもらうようにしましょう。

証紙、百貨店のレシートは一緒に提示する

前述したように、「本物」だと証明する証紙は査定の重要なポイントになります。
百貨店などで着物を購入すると、レシートが証紙になる場合もあるので、この場合はレシートを保管しておくようにしましょう。

着物買取のおすすめ業者はこちら

骨董品買取の比較サイト六文堂
骨董品買取の比較サイト六文堂
タイトルとURLをコピーしました