刀剣を高く買い取ってもらうには

日本刀の刃刀剣の歴史は大変古く、日本では古墳時代にまでさかのぼります。特に価値が高いのは、平安時代後期から作られた「日本刀」です。

日本刀の特徴は、何といっても美しさと強さを兼ね揃えていること。反りがある長い刃は、鋭く丈夫で、簡単に折れることはありません。

そんな日本刀は現在、観賞用の美術品として知られています。刀を打つ職人は「刀工」と呼ばれ、有名な刀工が手かけた作品は高い価値を持ちます。

刀剣の買取は業者に依頼するのがおすすめ

日本刀の鑑定日本刀の鑑定は、決して簡単ではありません。
難しい理由のひとつに、刀工の数の多さが挙げられます。名を残している刀工だけでも100名を超え、刀の特徴も異なります。「名刀」と呼ばれるものはほんの一握りなのです。

さらに、「刃文」の種類が多いことも、日本刀の鑑定が難しい理由のひとつといえます。刃文とは「焼き入れ」という工程によって現れる波のような模様を指しますが、刃文は刀工の個性によって変化するので、重要な鑑定ポイントになります。

刃文は「沸(にえ)」「匂(におい)」と呼ばれる粒子で構成されていますが、日本刀の査定はこうした粒子レベルの違いを見極める鑑定力が必要になるのです。

以上のようなことがあるので、刀剣の買取査定を依頼する場合は、専門の知識を持つ査定士が在籍する業者にお任せするようにしましょう。

刀剣の査定ポイント

刀剣の買取査定が行われる際、どんなポイントがチェックされるのでしょうか。
以下、簡単にまとめてみました。

【ポイント①】登録証があるか

正式名称は「銃砲刀剣類登録証」といいます。
これは各都道府県の教育委員会が認めたものに限り発行しているもので、刀剣を所持するために必ず必要なものとなっています。
買取店では登録証がない刀剣は買取不可となりますので、ご注意ください。
また、万が一ご自宅で登録証のない刀剣を発見した場合(見つからない場合)は、最寄りの警察署に連絡をしたうえ、登録証発行の手続きをしてもらいましょう。

【ポイント②】錆

日本刀は錆びの有無が重要なポイントとなります。
しかし、発見したときにすでに錆びていた……という場合もあるかと思います。
その場合はひとまずそのままの状態で専門の査定を受けてみてください。
錆だらけの場合でも、登録証がある刀剣や、名工と呼ばれる刀工が制作したものであれば高く買い取ってもらえる場合があります。
ここで気を付けたいのは「自己流の研磨をしないこと」。刀の手入れは専用の道具とコツが必要となります。経験がない場合や錆びが酷い場合は、無理をせずに専門業者に研磨を依頼するようにしてください。
ちなみに研磨の料金は一振り数万円~数十万円ほど。
査定結果と見合わせてから研磨の依頼を検討しても遅くはありません。

【ポイント③】長さ

刃の長さも刀剣買取の際の重要なポイントとなります。
例えば、「太刀(たち)」と呼ばれる日本刀は刃の長さが60センチメートルを超えますが、こうした日本刀は高価買取の対象になります。
しかし、短刀の場合でも刀工(刀を作った人)によっては高価買取となる場合があるので諦めずに査定に出してみましょう。

【ポイント④】作られた時代

査定士は刀が制作された時代も考慮して買取額を決めています。
そのため刀の状態がよくない場合や制作者が不明の場合でも、「年代物」と認められれば高価買取が実現することも。
とくに明治維新前の刀は高価買取の対象となるといわれています。

【ポイント⑤】銘があるか

刀剣買取においてもっとも重要な査定ポイントといえるのが「銘(めい)」です。
銘とは茎(なかご。柄で覆われている部分)に刻まれる文字のことで、基本的には刀工の名前が入れられています。
査定士はこの銘を見て誰が刀を打ったかを確認し、真偽を見抜いています。
ちなみに、刀剣は贋作でも美術的要素、技術面が認められると買取の対象となる場合があります。
銘がない場合、本物かどうかわからない場合でも諦めずに査定に出してみましょう。

刀剣を高く買い取ってもらいためのポイント

日本刀上記でご説明したとおり、刀剣は錆びがない状態のものが望ましいとされています。
そのため常日頃から湿気がない場所に保管し、定期的に研磨するなどして錆びの無い状態を保つようにしましょう。
しかし、刀を傷つけてしまっては本末転倒です。
もし自分で手入れをするのが難しいようであれば、研師に依頼するなどして刀の美しさを保ちましょう。
次に重要なのは査定士の経験です。
刀の目利きは大変難しく、一人前の査定士となるまでには知識と経験を積む必要があります。
しかし中には、経験の少ない(もしくは無い)査定士しか在籍しておらず、不明瞭な買取金額を提示されてしまうことも。
こうした「悪質」ともとれる業者と取引しないためにも、知識と経験が豊富な査定士が在籍している業者、買取の実績が豊富なお店に依頼することをおすすめします。

刀剣買取のおすすめ業者はこちら

骨董品買取の比較サイト六文堂
骨董品買取の比較サイト六文堂
タイトルとURLをコピーしました